事務所に所属せず声優になる方法

オーディションに参加する

声優になるためには必ずどこかの養成所に入らなければならない、と思いますよね。しかし、養成所に入らなくても声優になる方法は全くないわけではありません。その一つが、オーディションに参加して合格することです。一般参加型のオーディションを探して挑戦することで、声優になる道を切り開くことができます。

一般の人を対象としたオーディションは少ないですが、一切ないわけではありません。常に情報収集を行い、自分の能力を磨けば、可能性はゼロではないのです。オーディションに参加する人たちの中には、当然養成所の出身者もいます。声優になりたい、と望む優秀な人たちが集まるので厳しいオーディションになるでしょうが、諦めずに挑む気持ちが大切なのです。

オーディションで受かるためには?

多くのライバルが集まるオーディションで、どうすれば合格することができるのか。やはり一番大切なのは、実力を身につけることです。

オーディションに合格すると、合格した人はプロデビューを約束されますが、ここでお金が絡んでくることになります。場合によっては声優デビューを果たした後どこかの事務所に所属することになるので、そこで予算が投じられます。事務所側はコストを回収できるよう、ビジネスに力を入れるでしょう。そうなれば、どんな仕事でもこなせるような即戦力になる人を望みます。

つまりオーディションに合格するためには、あらゆる仕事に対応できるような能力を身につけることが重要になります。「声優になりたいのなら必ず養成所に入るべきだ」という風潮がありますが、養成所に入ったからといって全ての人が声優になれるわけではありません。本当に才能があり、その才能を磨く努力をした人だけが声優になれるのです。