養成所に所属するデメリット

入学時に一定のオーディションがある

声優を志すとき、全くの未経験の状態であれば養成をしてくれる学校などを利用するのが良いでしょう。その時専門学校を利用するか、声優養成所を利用するかの選択があります。どちらでも声優になるための訓練を受けられますが、メリットやデメリットがあるので確認をしておいた方がいいでしょう。声優養成所は、多くがプロの声優が所属するプロダクションが運営しています。将来的に自分のプロダクションで活動をしてくれる人を養成するところと言えるでしょう。専門学校は他の学校同様申し込めば入れるところが多いですが、声優養成所では少し厳しめのオーディションが課されます。専門学校に比べるとやや入りにくさがあります。素人でも対策をすれば入所できます。

それなりになりたい気持ちが必要

高校を卒業して専門学校に進学するとき、将来の職業などに憧れて学校を決めたりするかもしれません。専門学校はカリキュラムなどがきちんと決められていて、授業に出席をしていれば知識や技術が身に着けられるようになっています。軽い気持ちで入学しても、卒業する時には仕事ができるレベルに達するのも可能です。声優に関しては専門学校と声優養成所があります。声優養成所は専門学校ほどカリキュラムが綿密に決められているわけではなく、生徒のやる気が重要になります。軽い気持ちで入っても、なかなか技術が身に付かない可能性があります。絶対声優になりたい気持ちがあれば、限られた授業時間を有効に使えるでしょうが、安易な気持ちだとなかなか実力をつけられないかもしれません。

声優の養成所に通いたい方には、どのぐらいの費用が掛かるのかが重要な点となります。声優の養成所の学費の相場としては、入所金100,000円、年間受講料200,000円ぐらいです。